TOP

行政書士の将来性は?

このサイトに訪れたあなたは、行政書士の将来性はどうなのか?
気になっている事と思います。

行政書士の将来性は、「行政書士だと食べていく事はできない」
「行政書士は物凄い稼げる」と色々な言われ方をしております。

良く言う方も悪く言う方もそれぞれ言い分があると思いますが、 行政書士の特性を理解していれば、将来性はすぐにわかります。

具体的には、別のページで解説しますが、 行政書士は法律を取り扱う仕事で、法律がなくなることはありません。
その上法律は毎年法改正されて、新しい法律が作られますので、 その度に仕事の需要が出来ます。
もちろん、一概に法律といっても、各専門分野に細分化されるので、 全てが行政書士に該当するわけではありません。

しかし、そうだとしても、行政書士は基本的な全ての法律に関わる仕事をするので、 需要がなくなるということはありません。
つまり、将来性はあるということです。

ただ誤解しないでほしいのは、将来性があるといっても、一時期の不動産やネットバブルのような過剰な状態になる事はありません。
あくまでも、廃れることがない資格ということです。

そこで、このサイトでは、行政書士の具体的な将来性を解説していきます。

今インターネットが不況したことで、行政書士の様々な情報を入手できますが、 その反面正しい行政書士の情報を伝えているサイトは少ないと感じます。

多くのサイトは、信憑性のない情報や、大きく稼いだことのない人の大衆的な情報ばかりです。
そのような情報を信用してしまえば、正しく物事を判断できません。

本当に重要なのは、正確に正しい情報を理解することです。
ですので、このサイトの目的は、行政書士の魅力を伝えるサイトではなく、 あくまでも行政書士の現状を正確に伝えることです。

では、次のページから詳しい詳細をお伝えしていきます。