TOP

行政書士の働き方から見る将来性

行政書士の働き方は、2つあり、 独立開業するか、行政書士や法律系の事務所に就職するかです。

基本的に行政書士は、独立開業型の資格ですので、 多くの方は独立します。
そして、将来性を考えるなら、独立開業することです。

通常独立する場合、資金が必要になり中々独立することは出来ません。
また、通常の独立だと、人脈や仕事のノウハウも必要になるので、 特別な人でないと難しくなります。

しかし、行政書士は、行政書士として登録すれば、資金がなくてもいつでも独立する事が出来ます。
事務所は自宅で良いですし、人を雇う必要もありません。
もちろん、パソコンや電話、プリンターなど最低限必要なものはありますが、 今持っているものを使えば良いですし、購入してもたかだか知れています。

今多くの仕事が世の中に沢山ありますが、これだけリスクなくはじめられる仕事は 中々ないと思います。

もちろん、就職して仕事をする方法を選んでも構いません。
就職すれば、毎月安定した収入を確保することができますし、顧客も抱えているので、 安心して仕事を進めて行く事が出来ます。

ただ、いくら行政書士といっても、通常の会社員と同じなので、 収入は通常会社員、もしくは事務所によれば、通常の会社員より低いこともあります。

また、嫌な人間関係やリストラなどがある可能性もありますので、 精神的に不衛生で仕事をする可能性もあります。

しかし、独立すれば、飛びぬけた年収を稼げ、自分のペースで仕事をする事ができるので、 生活的にも精神的も安定して仕事をする事が出来ます。

そして、何より、上手くいくかいかないかは自分次第で、あなたが努力すれば十分に成功する事が出来ます。

これが通常の会社員なら上司や会社の都合で、収入を下げられたり、リストラにあったりします。
そのような他人の都合で人生を変えられるのでは、 決して良いことではないと思います。

ですので、行政書士を目指す方は独立開業をして見て下さい。