TOP

行政書士の年収の将来性

まず行政書士の年収でお伝えしたいのが、行政書士の年収を正式に調査した事はありません。

様々なサイトで行政書士の年収をお伝えしていますが、 それは独自に調査したものか、もしくは何の根拠もなく適当に書いてあるものです。
ですので、これから紹介する行政書士の年収については、 あくまでも私の周りの行政書士の状況や独自のルートで調べた情報からのものです。

これは行政書士に限らず、ほとんどの仕事に言えることですが、 今の日本の所得構造は、上下の差が激しくなっています。
その証拠に年収2千万以上の方は増えていますが、平均所得は下がっています。
つまり、中間層が少なくなっているということです。

そして、そうした事は行政書士にも言えます。

行政書士の年収も2千万円・3千万円稼いでいる方はたくさんいますが、 その一方で生活するだけの年収も稼げず、廃業する方も沢山います。
ですので、平均を調査したとしても平均の意味はありません。

重要なのは、稼げるか稼げないかは、あなたの商売センスによって変わると理解することです。

結局のところ、行政書士でも弁護士でも何にでもそうですが、 資格と稼ぐというのは、別の問題になります。
もし、資格があるだけで稼げるのなら、年収の低い人はいないはずです。

資格取得を目指す方の中には、その資格を取得しただけで稼げると勘違いしている方がいます。
しかし、そんなことはありえません。
稼げるか稼げないかは、あくまでも資格ではなく、あなた次第なのです。

ただ、それでも一つだけ言えるのが、行政書士は稼ぎやすい資格であることです。

というのも私は士業の先生方が集まる、インターネットを使い集客する方法のセミナーに 何度も出ていて、その時行政書士の方と話をします。

そこで話す内容は、「行政書士は本当に稼げる仕事なのに、世間の方は稼げないと勘違いしていて、行政書士の資格取得でもそう思っている方が沢山いる。ただ稼げないと思っている方が多いので本気で行政書士の仕事をしない方が多く、ライバルが増えなくて助かる」
ということです。

つまり、しっかりと行政書士で稼ぐ方法を学び、それを実践すれば、 十分に稼げる資格であるということです。

その証拠にそうしたセミナーに出ている方の中で、 年収が800万円なら安い方です。

ですので、行政書士は稼げると信じて仕事をして見て下さい。