TOP

行政書士の現状と実際

ここでは行政書士の現状をお伝えしていこうと思います。

先ほど行政書士の年収のページで、年収2000万円、3000万円稼いでいる方は 沢山いるといいました、それ以上に稼いでいない人は沢山いるとも言いました。
ただ、そうした事は、どの仕事でもそうなので仕方ありません。

はじめて行政書士になった方は、生活する収入を得る事もままならず、 貯金を切り崩しながら生活している人もいます。
そして、そうした事を続けていき廃業に追い込まれていくのです。

また、廃業しないまでも普通の会社員と同じような年収しか稼げない人も 沢山います。

それが行政書士の現実で、何の職業に関わらず、独立する人の現実です。

しかし、その一方で、行政書士になり、初年度から年収1000万円を超えている方も沢山いることも事実です。
そして、あなたにもその可能性が十分にあります。

ただ、そのためには、行政書士はあくまでも商売のネタとして捉え、 稼ぐためには、別の要素が必要だと理解することです。

例えば、「どのジャンルの分野で勝負するのか」「どのように集客するのか」
「同業者との差別化をどうするのか」などです。
そうしたことを常に学習し、実践しなければ行政書士として成功することは難しくなります。

結局のところ、他の人より稼いでいくためには、他の人と同じ考え、 同じように行動していてはいけないのです。

世の中のほとんどの方は、稼げない方ばかりで、稼げる人はほんの一部です。
その一部になるためには、 今までの考えを捨て、その他大勢の声に惑わされていけないのです。
つまり、普通ではいけないということです。

その考えを持っていない人は、どんな仕事をしても成功できません。
楽したり、当たり前に考えたりしてはいけないのです。