TOP

行政書士の独学って?

行政書士を独学で勉強する方は沢山いると思います。
しかし、行政書士は独学で勉強する試験ではありません。

合格率は、毎年一桁台で、難易度の高い時なら、2%の時もあります。
しかも一流の法学部を卒業した方でも、合格できない方がいるくらいです。
つまり、行政書士は難易度の高い試験なのです。

にもかからず、多くの方は独学で勉強してしまいます。
それは何故でしょうか?

答えは至ってシンプルで、お金を使いたくないからです。
もっと言うと、本気で行政書士の合格を狙っていないなのです。

本気で行政書士に合格したければ、 多少お金を使っても通信や通学を受講するはずです。
しかも、何百万や何十万円使うといっているのではく、 通信教育専門校なら、5~6万円くらいで受講できてしまいます。
そうしたお金を投資出来ない方が、行政書士に合格できるはずがないのです。

また、独学で勉強する方は、行政書士の試験を舐めている傾向があります。

冒頭で説明したように行政書士は難易度の試験です。
わかりやすく言えば、国立大学を塾や学校にも行かず合格するようなものです。
それをまともに独学で勉強したことのない方が行政書士に合格できるはずがないのです。
実際に行政書士に不合格になる多くの方は、独学で勉強しています。

そして、何より独学で勉強すると、時間がかかり様々なことを我慢してなければいけません。
例えば、テレビを見る時間、お酒を飲む時間、趣味の時間、友人・恋人・家族との時間、 ぼっーとする時間などです。

普通の方ならそうしたことを1年以上も我慢して、行政書士に合格できるのです。
それを毎日仕事している忙しい社会人が続けられるでしょうか?
多くの方は挫折してしまいます。

ですから、行政書士に合格したければ、通信か通学講座を受講して勉強して下さい。
その方が手っ取り早く合格出来ます。