TOP

行政書士の難易度について

行政書士の難易度は高いと一度説明しましたが、 ここではもっと具体的に解説してきます。

まずは最近10年の行政書士の合格率を見ていきます。
平成17年度 2.62%
平成18年度 4.79%
平成19年度 8.64%
平成20年度 6.47%
平成21年度 9.05%
平成22年度 6.60%
平成23年度 8.05%
平成24年度 9.19%
平成25年度 10.10%
平成26年度 8.27%

ご覧の通り、合格率はほとんどは1桁台です。
平成22年の6.60%以来、徐々に合格率は上昇傾向にあり、平成25年には2桁にのりました。
このまま試験が簡単になると期待した人もごく少数いましたが、
結局平成26年度には再び合格率は下降、しかも、問題が難しすぎたと判断され、
合格点が引き下げられるということまで起こりました。

また、行政書士の難易度は合格率だけではなく、試験科目からもわかります。
行政書士の試験科目は法令と一般知識を合わせれば、全部も8科目もあります。

そして、学習する内容は、民法や行政法と言った、 司法試験や司法書士試験で学習する内容です。(内容は簡単になる)
特に民法は出題範囲が広く、法律の解釈も難易度が高くなります。

ですから、行政書士の難易度は非常に高いのです。

しかし、だからと言って知識がない方でも合格できない試験かと言われれば そうではありません。
実際に知識がない方でも1回の試験で合格した方もいます。

ただ、そのためには独学での勉強は避けて、 通信・通学で勉強することです。
そして、行政書士に合格するという強い気持ちを持ち、挫折なく続けることです。

そうすれば、知識がなくても、勉強が得意でなくても十分に合格できます。

そして、行政書士になる事ができれば、 普通の会社員では考えないほどの収入や自分のペースに合わせた仕事をする事も十分に可能です。

ですので、最後まで諦めず是非頑張って下さい。